ゴルフツアープロコーチ・野球トレーナー摩季れい子オフィシャルブログ

摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
【第四章】 医療機関での研究内容
  摩=摩季先生 イ=インタビュアー
  摩季れい子インタビュー
イ: 摩季先生の病院での研究テーマはどんなことだったんですか?
摩: 研究テーマは、より効果的な運動プログラムの提案です。
食べ物と運動で自然治癒力を高めて、元気になることですね。

問診をとって生活環境や社会背景を理解した上で、
メディカルチェックやフィジカルチェックを行い、クライアントの
情報を集めます。運動することによって、その人の健康状態が
どう変わっていったか。睡眠がとりやすくなったとか、
食欲が出てきたとか。体育的な身体機能がどう変わって
いったか。じゃあ1年後はどうなのか。

病院内で医師と栄養士、トレーナーが健康増進科という
チームをつくり、食事と運動、休養などの指導をする。
それで、どのような変化が表れたかなど、科学的なデータを
集約して、慢性疾患管理の研究をしていましたね。
摩季れい子インタビュー
イ: その病院で他に何か得たことはありますか?
摩: 医学的な知識を学んだことや臨床経験ができたことはもちろんですが、
予防医学の大切さを知ったことも大きかったです。

それと、その病院は「患者の立場にたった親切でよい医療」ということと、
医療生活協同組合の病院として、「一人が万人のために、万人が一人のために」を
コンセプトとして地域医療に取り組んでいました。

子どもやお年寄り、障害のある方など、弱者の立場に立ったものの見方や
考え方を学んだことも大きな収穫でしたね。
イ: では体育は具体的にどんなふうにとり入れておられたのですか?
摩: 医療分野の中でも、体育を日常生活にとり入れ、
体力をつけることによってストレスに打ち勝つ。
そして、身体の諸機能や基礎代謝を高めていく。

そのためのポイントは"エンジョイ"だと思うんです。
面白くなければ続きにくい。
そこで楽しみながらできるように、音楽を利用した有酸素運動、
エアロビック運動やヨーガを取り入れました。
摩季れい子インタビュー
イ: エアロビブームが来ていましたよね。
摩: 腰や膝に負担の大きいハイキックやジャンプなど、ハイインパクトの動きが多く、
派手な動きがテレビで取りざたされてしまって…。
  運動はやり方を間違えると害になりますから。
せっかくの良い運動が誤解を招く。恐怖心を感じましたね。
だって、ついていけない人はどんどんリタイアしていくじゃないですか。
一種のブームで始めた人も多かったと思いますし、
もともと運動の得意でない方はついていけなくなってしまう。
ハイインパクトな動きばかりだと、足腰を痛めてしまう。

このままじゃいけない。 私が安全面も配慮ができる指導者をつくっちゃおう!
イ: なるほど。今までのお話をお聞きするかぎり、 摩季先生らしい発想ですね。
 
<戻る 次へ>

   
1:
2:
3:
4:
5:
6:
7:
8:
9:
10:
11:
12:
13:
14:
『野球選手の故障予防と投打のバイオメカニクス』
日本医学トレーナー協会 トレーナージャーナル
関西メディカルスポーツ学院
MAKIサイエンスウェア研究所
JBCA野球トレーナー派遣・紹介
摩季れい子 アメーバブログ
Kanmedi アメーバブログ
Kanmedi フェイスブック
Kanmedi フェイスブック
関西メディカルスポーツ学院 付属施設のご案内
メディカルコンディショニングクラブ ベストアップ
ベースボールジム
2人のプロゴルファーが誕生!Golf Medical Clinic
 リンク集
 Copyright 2006 Reiko Maki. All Rights Reserved. 画像含め一切の複製、転載、配布を禁止致します。