ゴルフツアープロコーチ・野球トレーナー摩季れい子オフィシャルブログ

摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
【第十二章】 谷選手との九年間
  摩=摩季先生 イ=インタビュアー
  摩季れい子インタビュー
摩: 彼が毎日のように来るんですよ。(苦笑)
通常の仕事だけでも忙しかったのですが、彼も研修生をしていたゴルフ場から
六甲山を越えて車で一時間かけて西宮校まで来るので、
彼の情熱に押されてついつい約束してしまい、当時は育英高校の球児たちも
診ていましたから、夜の23時以降から彼のスイングチェックをすることも。
彼が理解できるようになるまで5〜6年続きましたね(笑)
イ: 5〜6年!それは摩季先生もすごい情熱ですね。
摩: 彼は自分のゴルフ人生をすべて私にかけていましたから、
私が途中で止めてしまえば、谷はゴルファーとしては
終わってしまう。

でも長年、体に浸み込んだクセや感覚を180度変える
ことは至難の業なんですね。
そういえば谷も、
『先生、スイング改造は、十年はかかりますから途中で見捨てないで下さいよ』って、何度も言ってましたね。

うまくいかなかった時期というのは私が見ていても辛かったです。 人から『谷は終わった』と言われるわけ。
ゴルフの経験のない女性を師匠にして、バッシングを受ける。
女性のコーチが男子プロを見ることもおそらく前例の少ない
ことだったでしょうから。
摩季れい子インタビュー
  でもそんな時にでも彼は言いました。『摩季先生、堂々とトーナメントに来てください』と。

彼がその年、プロテストに合格して、次の年からトーナメント会場に帯同コーチとして
私が入っていくと、『お母さんが来られたの?』と言われる。
でも谷はみんなに『師匠の先生です』と紹介していく。
練習ラウンド入りしてスイングチェックをする。
そうすると、みんなだんだん分かってくれるようになっていったんです。
  摩季れい子インタビュー
 
<戻る TOPへ 次へ>

   
1:
2:
3:
4:
5:
6:
7:
8:
9:
10:
11:
12:
13:
14:
『野球選手の故障予防と投打のバイオメカニクス』
日本医学トレーナー協会 トレーナージャーナル
関西メディカルスポーツ学院
MAKIサイエンスウェア研究所
JBCA野球トレーナー派遣・紹介
摩季れい子 アメーバブログ
Kanmedi アメーバブログ
Kanmedi フェイスブック
Kanmedi フェイスブック
関西メディカルスポーツ学院 付属施設のご案内
メディカルコンディショニングクラブ ベストアップ
ベースボールジム
2人のプロゴルファーが誕生!Golf Medical Clinic
 リンク集
関西メディカルスポーツ学院 付属施設のご案内
メディカルコンディショニングクラブ ベストアップ
まき整骨院
ベースボールジム
2人のプロゴルファーが誕生!Golf Medical Clinic
 Copyright 2006 Reiko Maki. All Rights Reserved. 画像含め一切の複製、転載、配布を禁止致します。