ゴルフツアープロコーチ・野球トレーナー摩季れい子オフィシャルブログ

摩季れい子公式サイト ホーム 仕事内容 インタビュー コメント トレーナー日記 メール
【第十一章】 ゴルフトレーナーとスイングコーチへのきっかけ
 
摩=摩季先生 イ=インタビュアー
  摩季れい子インタビュー
イ: ゴルフトレーナーになるきっかけはなんだったんですか?
摩: 私の教え子のひとりが、フィットネスのインストラクターとして
神戸のスポーツクラブで指導していて、そこに当時、まだ
ゴルフの研修生だった谷昭範選手がトレーニングに通って
いたんです。

彼はプロテストを前に、股関節の調子が悪くて、
思うようにスイングができない。自分では対応しきれない
ので、私に診てもらえないかと。

谷は、私がゴルフの経験のない、しかも女性だということは
聞いていなかったみたいで、最初は驚いていましたね。

とにかく、どんなスイングをしているのか見せてもらったら、そのスイングフォームに原因がある。
そのことを指摘しましたら、なんで、ゴルフもしたことがない
私に分かるのかと思ったのでしょう。
摩季れい子インタビュー
  彼はゴルフ雑誌をもってきて、スイングの分解写真を見せるんです。
このプレイヤーはどうですか、どうですかって。
当時、やはり私はゴルフのことを まったく知らず、有名な選手さえ知りませんでした。

そんな私が、そのゴルファーがスイングする分解写真を見て、
この人は飛ぶけど曲がる率が高いねとか、全部当てたんです。


彼はとても情熱的で人生すべてがゴルフ。
雑誌を読んで研究に研究を重ねて、頭で考えて練習するタイプ。
でも、私が見せてもらった彼のスイングは、ボディの回転と腕の振りのスイングプレーンが
シンクロしない、いわゆる手打ちの感性で打つスイング。
  彼が描いていたスイングのイメージからほど遠いものが
ありました。彼も世界で通用するプレイヤーになるには、
スイング改造が必要だと思っていて、今までいろいろな方に
診てもらったけど、質問をしても誰にも納得いく説明を
してもらえなかったようなんですね。

私は、スイングの動作解析をして、何でそうなるのかという
原因とどうすれば直せるかという方法を理論的にちゃんと
説明し、その理論にもとづいて動きの指導をするといった
方法をとります。

そのときは、股関節の負担をとるために体のバランスを
調整して、とりあえずスイングができる状態にもどしたんです。
でも、スイングを改造しないとまた再発するって谷に
指摘しました。
摩季れい子インタビュー
 
<戻る TOPへ 次へ>
   
1:
2:
3:
4:
5:
6:
7:
8:
9:
10:
11:
12:
13:
14:
『野球選手の故障予防と投打のバイオメカニクス』
日本医学トレーナー協会 トレーナージャーナル
関西メディカルスポーツ学院
MAKIサイエンスウェア研究所
JBCA野球トレーナー派遣・紹介
摩季れい子 アメーバブログ
Kanmedi アメーバブログ
Kanmedi フェイスブック
Kanmedi フェイスブック
関西メディカルスポーツ学院 付属施設のご案内
メディカルコンディショニングクラブ ベストアップ
ベースボールジム
2人のプロゴルファーが誕生!Golf Medical Clinic
 リンク集
 Copyright 2006 Reiko Maki. All Rights Reserved. 画像含め一切の複製、転載、配布を禁止致します。